stand.fm

【stand.fm】SPPと申請から承認まで~私の事例

ヴィンテージ世代の私がstand.fmパートナプログラムSPP)の承認されるまでのお話をしますね。

SPPを目標にされている方の参考になればと思います。

SPP(stand.fmパートナープログラム)とは

stand.fmパートナー プログラム(SPP)は、配信者の収益化を支援し、継続的な配信をサポートするためのプログラムです。

SPPの対象者は、stand.fmの収益化機能を利用することが可能になります。

現在は、

・再生時間に応じた収益化
・月額有料チャンネル機能

をサポートしており、今後は「コンテンツ販売」を開始予定です。
(2021年4月25日現在)

stand.fmパートナープログラムについて

 

SPPとなるメリット・デメリット

音声配信stand.fmのSPPとなる最大のメリットは「収益化」です。そして音声配信での「権威性」を獲得できることです。また、継続配信の強力なモチベーションとなります。

►SPPのメリット

・収益化が可能
・権威性の獲得
・継続配信のモチベアップ

 

配信者としては、SPPとなるデメリットはあまり感じませんが、一応挙げておきます。

►SPPのデメリット

・審査制で手続きがある
・SPPの審査基準が非公表

 

SPPの審査基準

音声配信stand.fmでは、SPPとなるためには審査があります。

公式には、

►審査対象としてフォロワー数1000人を目安
►審査基準は非公表
 ※発信コンテンツ内容も考慮

としています(2021年4月25日現在)。

SPP承認基準が非公表であることが、SPPを目指す人にとって必要以上にハードルを上げているんじゃないかなと思います。

 

SPP申請から承認まで

私の例ですが、SPP申請から承認までを紹介します。

参考になれば幸いです。

申請時のフォロワー等の状況

私は個人SNSについては素人で、音声配信stand.fmが実質初めてのSNSと言えます。

►配信期間:5ケ月
►配信ペース:3本くらい/週
►収録配信メイン
►フォロワー数:1240人
►アナリティクスは以下の通り

こんな感じです。

申請から承認の流れ

申請から承認までは、およそ以下の通りでした。

①承認までの期間
私の場合、
申請から承認までの期間は9日でした。
SPPとなった方のお話を伺うと、14日前後が多いようです。
※人によっては数か月後に承認された方もいます(確認済)。

②申 請
専用の応募フォームからWeb申請します。

応募フォーム

②承 認
承認されると、stand.fmから連絡があります。
以下のような通知メールがきます。
※審査に通らなかった場合、連絡はないようです

 

 

通知メールには、承認のお知らせ以外に以下の案内があります。

►収益の振込に必要な情報の記入のお願い

►SPPに関する詳細情報のご確認
・再生時間に応じた収益化の仕組み
・売上金のお振込について
・ご利用にあたってのお願い

④手続き
承認通知メールの案内に従って、以下を記入し手続きします。

►収益の振込に必要な情報
銀行口座、本人確認書類など
※手続きしない場合には、SPPが無効となる可能性もあるようです。

 

SPP承認基準の私的考察

ここからは、SPP承認の条件を考えてみます。
ただし、あくまで私的考察ですのでご留意ください。

フォロワー数

公式には、フォロワー1000人程度を審査の目安にしています。
ですから、SPPを目指すうえで1つの目標となります。

►フォロワー1000人

ただし、必ず1000人必要かといえばそんなことはないと考えます。

あくまでフォロワー1000人はSPP審査対象の目安ですからね。

Twitter, Instagram, YouTubeのフォロワーも、おそらく関係しています。
いずれかのSNSで数千人規模でフォロワーがいると有利です。

この場合、stand.fmのフォロワーが少なくても承認される可能性は高いと思われます。

なお、いわゆる有名「インフルエンサー」は、すぐに承認される可能性があります。

ただ、一般人が他のSNSで、1万人フォロワーがいたとしても考慮の対象となりますが、すぐに承認されるとは限らないと思います。stand.fmでの実績が必要です。

継続配信

SPPは、配信を継続的に行うことをサポートするプログラムです。
したがって、「継続配信」は重要です。

週に1回とか、月に1回でも継続的に配信していることが要件と思われます。

配信の実績がないのに、承認されるはずもありませんね。
インフルエンサーは例外ですけどね。

►継続配信の実績

配信内容

まず、stand.fm利用規約を遵守していること、楽曲利用、朗読、画像利用等の権利ガイドラインを守っていることが絶対要件と思われます。

SPPを目指すなら、一度は目を通したほうがよさそうです。

stand.fm利用規約

権利ガイドライン

音声配信は広告収入が主な収入源です。
ですから、配信内容の品質は重要ですよね。

つまり、人に聴かれる配信かどうかということです。

したがって、

►いいね、コメントがつく配信
►stand.fmが好む配信

は優遇されると思います。

いいね、コメントがたくさんつく配信は説明するまでもありませんが、問題はstand.fmが好む配信ですね。

これは、stand.fmのおすすめやカテゴリトップにくるような配信を聴くと、stand.fmが好む配信というものがわかってきます。

積極的に聴いて、参考にするのもよいかもしれませんね。

 

まとめ

SPP(stand.fmパートナープログラム)承認を目標にする方の参考になればと思います。

☑ SPPとは配信者の継続配信を支援するもの

☑ SPPのメリットデメリット

(メリット)
・収益化が可能
・権威性の獲得
・継続配信のモチベアップ

(デメリット)
・審査制で手続きがある
・SPPの審査基準が非公表

☑ SPPの審査基準(公式)

・審査対象としてフォロワー数1000人を目安
・審査基準は非公表
※フォロワー数だけでなく発信コンテンツ内容も考慮

☑ 申請から承認まで

・期間は9日(14日前後が多いようです)
※人によっては、数か月承認ということも!
・専用の応募フォームから申請
・承認されるとメール通知がある
・通知メールから手続きを行う

☑ 承認基準の私的考察

承認で重要なこと

►フォロワー数
・他SNSでフォロワーがたくさんいると有利
・インフルエンサーは優遇

►配信内容→配信の質は重要
 (※人に聴かれる配信を意識する)
・いいね、コメントがつく配信
・stand.fmが好む配信

►継続配信

以上となります。
それでは(^^♪

-stand.fm
-, , , , , ,

© 2022 らくだぶ