ウォーキング 沿線を歩く

沿線を歩く!指宿~知林ヶ島編~

鹿児島指宿から徒歩で知林ヶ島に行っていました。

その様子をお伝えしますね。

ウォーキングコース

【ウォーキングコース】
指宿駅→ハイビスカス通り→県道238号→休暇村指宿→エコキャンプ場→知林ヶ島

【所要時間(知林ヶ島上陸)】
片道約1時間30分

Googleマップ2021より

 

特急[いぶすきのたまて箱]で指宿へ


鹿児島中央駅で特急[いぶすきのたまて箱]に乗車。指宿駅を目指します。

もちろん普通列車、快速[なのはな]でも行けます。

特急[いぶすきのたまて箱]の車内は昭和レトロ感を演出。

とても快適です。

眺望がすばらしいポイントでは、アナウンスで教えてくれたり、列車がゆっくり走ってくれたりします。

特急[いぶすきのたまて箱]については、別記事にまとめています。
そちらをどうぞ。

リンク:
九州D&S列車の旅-【いぶすきのたまて箱】鹿児島中央⇔指宿

指宿駅から知林ヶ島へ

指宿駅から知林ヶ島入口までは、約4㎞です。
アクセスはバス・タクシーか徒歩です。

徒歩で

知林ヶ島入口まで、50~60分ほどかかります。
街並みや海を見ながらのウォーキングは気持ちいいですね。

バスで

ちょっと遠い!って方はバスを利用してくださいね。
バス利用だとエコキャンプ場(知林ヶ島入口)まで所要時間10分程度です。

【いわさきバス】
指宿→(潟山)→エコキャンプ場
※エコキャンプ場(知林ヶ島入口)行または潟山行のバスに乗車

1時間に1本運行
料金 170円(片道)

指宿駅
始発10:34
最終17:34

エコキャンプ場
始発08:00
最終15:00

リンク:
いぶすき観光ネット-交通アクセス

いざ地林ヶ島へ

知林ヶ島への上陸は干潮時のみ。
事前に調べておく必要がありますね。

知林ヶ島へ向かう入口には、親切にこんな案内があります。

メモ:知林ヶ島

鹿児島湾(錦江湾)に浮かぶ美しい無人島です。

3月から10月にかけての大潮又は中潮の干潮時には、長さ約800mの砂の道(砂州)が出現し、知林ヶ島に歩いて渡ることができます。

陸と繋がる島であることから、縁結びの島とも言われ、島には周遊道路や展望台、「チリンズベル」と名づけられた鐘などが整備されています。

海に浮かぶ砂州を渡る

砂州の道を歩いて知林ヶ島へ向かいます。

[ちりりんロード]という愛称があるみたいですよ。

砂州ですから、相当足を取られます。
靴を履いて、時間に余裕をもって上陸してね。

夏場は日光が照り付けるので、水は必需品です。

ちなみにゆっくり歩いて、だいたい片道30分くらいですね。

 

知林ヶ島に上陸

この日は暑かったので、みなさん木陰で休憩されてますね。

管理運営の方。
とてもやさしい言葉をかけてくれます。

島の高台へ

私は休憩することなく高台へ。
ごつごつした溶岩の岩場を進む。

高台への入り口。

この山道、意外ときつい(笑)


体力には自信がありましたが、暑さで汗が止まらない!

展望台へ到着

展望台だ!
まずは休憩しよう(笑)

展望台には鐘が。
絆の鐘ですね。
”チリンズベル”と呼ぶそうですよ。

休憩後、あたりの景色を臨みました。
素晴らしい景色ですね。

運がよければ屋久島がみえるとか。

島にはさらに先があるんですが、この日は断念。
帰りの特急[いぶすきのたまて箱]の時間がありますからね(言い訳💦)。

渡島証明書

体力も回復したので、戻ることに。

休憩所では、[渡島証明書]が100円で販売しています。
さっそく記念に購入。

再び砂州を渡る

知林ヶ島を後に、再び[ちりりんロード]へ。

帰りの砂州歩きのほうが、なぜか気分が高揚してました。

行きと異なり、景色の見え方もまた違う!

一度の訪問で二度おいしい気分になりました。

 

ビオトープに立寄る

鹿児島の人でもあまり知らないスポット。
それがビオトープ。

休暇村指宿のすぐそばです。
知林ヶ島入口から徒歩10分です。

貴重な鳥、チョウ、水生生物を見ることができます。

 

 

足湯につかり帰途へ

ビオトープに寄り道して約1時間。

指宿駅へ到着しました!

指宿駅前には足湯があります。
歩き疲れた後の足湯は最高!

特急[いぶすきのたまて箱]で[指宿温泉サイダー]を飲みながら、帰路につきました。

お疲れさまでした。

今回はここまでです。

これからも、私がよかったと思うウォーキングコースを紹介していきますね。

それでは~(^^♪

【関連記事】

沿線を歩く!長崎と天草地方の「世界遺産巡礼の道」~浦上街道編~2021/10/10

九州D&S列車の旅-【いぶすきのたまて箱】鹿児島中央⇔指宿

-ウォーキング, 沿線を歩く
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 らくだぶ