旅行 鉄道

九州D&S列車の旅-【いぶすきのたまて箱】鹿児島中央⇔指宿

D&S列車[いぶすきのたまて箱]

 

[いぶたま]の愛称で親しまれている【いぶすきのたまて箱】!
私はもちろん[いぶたま]の大ファンです。

鹿児島中央から指宿まで片道50分ほどの旅ですが、一度乗ってみると列車の雰囲気がとても魅力的でリピーターの1人となりました。

本記事では、いぶすきのたまて箱の魅力を紹介したいと思います。
なお枕崎線沿線の魅力は、次回の記事で紹介しますね。

鹿児島に来たら、いぶすきのたまて箱にぜひ乗車してみてください!

注意

►本記事は2021年9月現在の情報に基づきます
►列車等の運行状況は最新情報でご確認ください

 

【いぶすきのたまて箱】の魅力

一日3往復する[いぶすきのたまて箱]。
2011年3月に、九州新幹線開業とともにデビューしたD&S(デザイン&ストーリー)列車です。

2021年が、ちょうど[いぶすきのたまて箱]誕生10周年です。

 

左右で白黒の車体!

撮影させていただきました。乗務員さんありがとう!

インパクトのある車体!
左右でちょうど半分、白黒に塗装されています。

海側が白、山側が黒です。

浦島太郎伝説とミスト演出!

駅ホームに到着するとミストが!

鹿児島指宿(いぶすき)に伝わる竜宮伝説が列車名の由来です。
列車が駅ホームに到着、ドアが開いた瞬間、なんと乗車口上から白いミストが!

たまて箱を開いたら「白い煙が噴出して、おじいさんになっちゃった!」。
浦島太郎の世界ですね。
なかなかの演出。

まさか、皆さんはおじいさんになっていないでしょうね?
まあ、おじいさんになることはないです(笑)が、時間の流れがゆっくりになる感覚はありますよ。

車窓の眺望を重視した車内

レトロな雰囲気(^^♪

車内の雰囲気が好きで、コアリピーターと化した私(笑)。
昭和レトロの感じが大好きです!

眺望を重視した車内

車内は海側を向いたカウンター席があって、土休日のカウンター指定席はいつも満員です。
鹿児島錦江湾の素敵な眺望を見渡すことができます。

車窓から錦江湾・桜島を臨む

眺望がすばらしい区間は、車内アナウンスで教えてくれて、列車がゆっくり走ってくれます。
シャッターチャンス!ですね。

車内には、指宿に関する本が置いてあったりします。

指宿の浦島伝説

車内では女性乗務員さんが、[指宿の浦島太郎伝説]を解説してくれます。

そうなんだー。
由来を知っておくと、旅も楽しくなります。

たまて箱が隠されている?

乗務員さんから聞いた話によると、列車内のどこかに[たまて箱]が隠されているそうです!
ぜひ探してみてください。

乗車記念カードとスタンプ

[いぶすきのたまて箱]に乗車すると記念乗車証がもらえます。
2021年は10周年。記念スタンプも10周年を祝したスタンプです。

旅の思い出になります。

記念乗車証と記念スタンプはココ!

乗車記念撮影サービス

乗車すると乗務員さんが、日付入りで記念撮影をしてくれます。

いぶすきのたまて箱乗車記念撮影

 

車内販売

車内のワゴンサービス

ワゴンサービスで車内販売してくれます。
魅力的な、グッズなどを少しだけ紹介しますね。

オリジナルグッズ

[いぶすきのたまて箱]車内でしか買えないグッズがあります。
私がおすすめするグッズを紹介しますね。

鹿児島まで遠くてなかなか行けないという友人のために、買いだめしてプレゼントしています。
とくにお子さんのいる友人には、たいへん喜ばれますよ!

ストラップ&キーホルダー

 

 

 

 

オリジナルタオル
包装から取り出していないので2種類あるように見えますが、1枚のタオルです。
表裏で撮影しています。

 

 

 

 

クリアファイル
オリジナルクリアファイル。
なんか買ってまう。なぜか大阪弁になるわ(笑)

いぶすきのたまて箱クッキー
 かわいいたまて箱に入ったクッキーは、車内限定販売です。
おみやげにどうぞ!

グルメと飲み物

[いぶすきのたまて箱]に乗車するときは、条件反射的に[いぶすきサイダー]と[いぶたまプリン]を頼んでしまいます(笑)。
私は食が細いので、軽食はあまり購入しないのですが、今度乗車するときは[いぶたまプリン]以外の軽食も、食べてみたいと思います。

いぶたまプリンは2層になっていて濃厚なプリン味とごま味が重なって、ほんとうにおいしい!

揖宿サイダー

大人気[いぶたまプリン]

10周年記念バージョンをいただく!

 

基本情報

[いぶすきのたまて箱]は、指宿枕崎線を走るD&S列車です。
D&Sとは、デザイン&ストーリーのことで、いわゆる観光列車です。
[いぶすきのたまて箱]は、浦島太郎伝説ストーリーがコンセプトです。

運行区間

鹿児島中央~指宿(指宿枕崎線)
全車指定席(※乗車券・指定席特急券が必要)
1日3往復運転(※2021年9月21日時点)

所要時間と停車駅

約50分
停車駅:鹿児島中央駅、喜入駅、指宿駅

鉄聞(オリジナル新聞)

JR九州支社の鉄聞女性編集長の作成したオリジナル新聞です。
手書き新聞で、[いぶすきのたまて箱]を魅力的に紹介しています。

や、やばい!!
これをみたら、乗車したくなる!

※JR九州鉄聞vol.1より

オリジナルは色鉛筆で着色してて、温かい雰囲気を醸(かも)し出しています!

 

さいごに

D&S列車[いぶすきのたまて箱]を紹介しました。
いかがだったでしょうか?

いままで、車移動がほとんどだった私が、
[いぶすきのたまて箱]で、鉄道の魅力に取り付かれてしまいました(笑)。

今後も、新しい情報等があれば紹介しますね。
次回は、指宿枕崎線沿線の魅力を紹介したいと思います。

今回はここまで!

ではでは~(^^♪

【関連記事】
沿線を歩く!指宿~知林ヶ島編~

-旅行, 鉄道
-, , , , , , , , , , , ,

© 2022 らくだぶ