stand.fm

【stand.fm】SPP承認に関するご質問の回答

ヴィンテージ世代の私が、stand.fmパートナプログラムSPP)承認に関する質問への回答をしたいと思います!

公式情報ではなく、あくまで私的意見ですので、取り扱いには自己責任で十分ご注意くださいね!

SPPを目標にされている方の参考になればと思います。

 

ご質問:フォロワー1000人いてもSPPに承認されない理由

SPPに関して、最も多いご質問でした。

フォロワー1000人は、SPP審査対象の目安として、設けられているだけです。

したがって、1000人フォロワーがいたら、イコール承認というわけではありません。

単に、SPP申請の「応募資格」を得たというだけです。

 

►フォロワー1000人はSPP審査対象の目安

►フォロワー1000人はSPP申請の応募資格を得たに過ぎない

 

では、フォロワー1000人いないとSPP審査対象にならないかといったら、そんなことはないと思います。

あくまで”目安”ですからね。

 

stand.fmパートナープログラム(SPP)について、公式な説明は下のリンクを参考にしてください。

 

stand.fmパートナープログラムについて

 

ご質問:SPPの承認基準(私的考察)

残念ながら、SPPの承認基準は非公表です。

そこで、ご質問のSPPの承認基準を考察してみます。

以下、私的意見である点に十分ご留意くださいね!

 

再生時間(再生回数)

承認基準でいちばん重要視されているのは、再生時間(再生回数)と推察します。

音声配信は広告が主収入源です。

したがって、リスナーさんの滞在時間が長くなるような配信が優遇されるのは必然ですね。

再生時間を伸ばすためには、長く滞在してもらえるような、配信コンテンツ内容であることが要件となります。

ですからSPP承認には、実績として最低限の再生時間が設定されているように思います。

►再生時間(再生回数)の実績が重要

►再生時間を伸ばすコンテンツ内容が要件

 

参考までに私の事例を紹介します。

 

私の事例

・12月、1月は、1か月で約10000回再生(300~500再生/1配信)

・2月~4月は、週1~3回配信で3000~4000回再生

・再生時間に換算すると、1か月に最低でも、約10000分(180時間くらい)

私はこのくらいで、SPPに承認されました。

ですから、3000回再生(または180時間)/1か月程度の配信をすれば、承認されやすいと思います。

なお、再生回数(再生時間)の承認目安は、以前と比較して、だんだん厳しくなっている印象を受けます。

再生回数(再生時間)の承認基準はおそらく流動的です。

 

配信内容

次に配信内容

これは、公式にも配信内容を考慮するとありますので、重要な承認基準項目です。

どんな内容なら承認されやすいか気になりますね。

おそらく、

・専門性

・独自性

・地域性

・ほかのSNSで活躍、実績

のある人の配信が承認されやすいと思います。

なお、

・stand.fmの規約

・権利関係(著作権など)

を遵守していることが、SPP承認の前提となります。

stand.fm利用規約

権利ガイドライン

 

配信内容のクオリティーに関しては、

・おすすめ

・カテゴリトップ

にくる配信の参考を、強くお奨めします。

配信内容とクオリティーについては、重要なことですので、別な機会にあらためて詳細にお話しようと思います。

 

 

いいね・コメントの数

配信内容で専門性、独自性、地域性などの基準を満たしていなくても、

リスナーリアクションがよい配信は優遇されると思います。

すなわち、いいね・コメントの数が多い配信ですね。

また、いいね・コメントの数によって、SPPの時間当たりの収益単価が変動することからも、推察できます。

リスナーリアクションには、

►いいね・コメントの数
►リアクション率
(再生回数に対するいいね・コメントの数)

がありますが、リアクション率より、いいね・コメントの数が重要だと思います。

なぜなら、再生回数が少ない配信は、リアクション率は高くなる傾向があり、偽指標になるからです。

再生回数(再生時間)が少ないと、そもそも承認基準を満たさない可能性がありますからね。

したがって、いいね・コメントの数がたくさん付く配信は、再生回数(再生時間)、配信内容ほど重要ではありませんが、プラス要素です。

►いいね・コメントの数はプラス要素

 

ライブ配信・コラボ収録の数

ライブ配信コラボ収録の数も加点要素です。

これは、SPPには時間あたりの収益単価が4~6円と定められていますが、直近のライブ・コラボ収録の内容と数で、単価が変動することから推察できます。

したがって、再生回数(再生時間)、配信内容ほど重要ではありませんが、プラス要素です。

►ライブ配信・コラボ収録の数はプラス要素

 

stand.fmへの貢献度

stand.fmへの貢献度を指摘する人は誰もいませんが、私はSPP承認基準のプラス要素だと思います。

運営の立場からすると、stand.fmに貢献するような活動をしてくれる人を優遇するのは当然です。

貢献の方法として代表的なものは、

►stand.fm滞在時間
►自分以外の配信者へのリアクション
(いいね・コメント・レター)
►ほかのSNSやメディアへの宣伝アクション
►継続配信

などがあります。

►stand.fmへの貢献はプラス要素

 

SPP承認に必要なコト

以上まとめます。

☑ 再生回数(再生時間)と配信内容が最も大切

☑ プラス要素として以下の項目がある

►いいね・コメントの数
►ライブ配信・コラボ収録の数
►stand.fmへの貢献度

 

ご質問:SPP申請から承認まで期間はどのくらいですか

私の例ですが、SPP申請から承認までを紹介します。
これについては、以下の記事を参考にしてみてください。

 

【stand.fm】SPPと申請から承認まで~私の事例

 

今回はここまでです。

ではでは(^^♪

 

-stand.fm
-, , , , , , ,

© 2022 らくだぶ